筋トレの始め方 筋トレを習慣化する

筋トレ継続法

まず目指すのは筋肉トレーニング(筋トレ)の習慣化

筋トレをはじめて体を鍛えたいと思っている方は多いのではないでしょうか?

最近では様々な筋トレ法が世の中に出てきています。
どれがいいのか、最も効率がいいのはどれなのか?
そんなことを調べてみるとキリがなくなってしまいます。
そして気が付くと結局今まで通り自堕落な生活。。

私もなかなかトレーニングを継続出来ずに思うような効果を出せずにいました。
何度も挑戦を繰り返し、何とか習慣づけることに成功しました。
現在は筋トレ継続歴10年ほどとなりました。

では、なぜそれまで続かなかった筋トレが習慣化出来るようになったのか。
そのことをお話しさせて頂こうと思います。
これからトレーニングを開始する方の継続する一助となればうれしいです。

筋トレにより得られるものを理解する。

では質問です。
皆さんはなぜ筋トレをするのですか?

なんとなく格好いい体になりたい。
もちろんそういう理由でも問題ありません。
ですが得られる結果をより理解して明確化しておくことはモチベーションアップにつながります。
筋トレで得られる効果をいくつか挙げます。

筋トレで得られる効果

1.スタイルアップ

見た目が格好良く、美しくなります。
筋トレで特定の筋肉(部分)の増量、シェイプが可能です。
自分が目的とするスタイルに近づいていくことを楽しみましょう。

2.健康の増進

説明するまでもないことですが、健康状態へのプラス効果は高いですね。
健康診断などの数値を把握しておくとより良いでしょう。

3.ネガティブ感情の減少

筋トレにより、成長ホルモン、セロトニン、ドーパミンなどの精神状態をポジティブ方向に
整える脳内物質が生成されます。
鬱患者に筋トレによる治療を行っている病院も実在します。
日常に不安が多い方にもおすすめです。

この様な効果が手に入ります。

プロレベルでゴリゴリやりきらないとダメ!
と言うほどではなく、筋トレを開始して2週間ほどすれば効果が実感出来はじめることでしょう。
(これは個人的な見解ですが・・)

ハードルを下げる

初めからぎりぎりまで追い込むトレーニングは止めておきましょう。
というか絶対続きません。

辛さが先に立ってしまい継続への足かせになる可能性があります。
例えば、腕立て伏せ20回出来る人は1日10回でもいいのです。
一番大事なのは継続することです。
筋トレが習慣化し継続することに慣れてから追い込みをかけていくのがよいでしょう。

筋トレ習慣化のメカニズム

まず筋トレに限らず習い事を習慣化するのには必要な期間があるとする説があります。

これはロンドン大学のフィリッパ・ラリー博士が実験によるものです。

習慣化の実験結果

1.まず習慣化するまで平均日数は66日

2.体を動かす運動については1.5倍の時間を必要とする。

3.休みを入れても習慣化に支障はでない。

つまり3か月弱続けること、これが出来ればそれ以降の継続は苦になりません。
ですのでまずは「3か月」を目標にされるとよいでしょう。

雨の日や体調がすぐれない日は休みましょう。
無理してやるくらいなら次の日に回しましょう。
ただし2日は開けないようにすることが大事です。
2日以上間が空くと習慣化に支障が出ます。

最後にまとめ

筋トレを習慣化する方法
1.筋トレの効果を理解する。
2.トレーニングのハードルを下げる
3.3カ月以上続ける(まず3か月を目標にする)

3か月経過することが出来た方、おめでとう御座います。
既に筋トレが習慣化し、やらないと気持ちが悪いと感じることでしょう。
こうなってきたらしめたものです。
筋トレの負荷を上げていきより高い効果を目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です